日本ソーシャルデータサイエンス学会論文誌

ISSN 2432-5287 (online)
ISSN 2432-5279 (print)

発行機関:日本ソーシャルデータサイエンス学会


巻号一覧

Vol. 1, No. 1 (2017.3)

Vol. 2, No. 1 (2018.3)

Vol. 3, No. 1 (2019.3)

Vol. 4, No. 1 (2020.3)

Vol. 5, No. 1 (2021.3)


投稿規定(公開準備中)

Wordひな型(公開準備中)


Vol. 5, No. 1 (2021.3)
表紙
目次

巻頭言
巻頭言―新型コロナウイルスとソーシャルデータサイエンス
八卷 直一

特集 新型コロナウイルスとソーシャルデータサイエンス
1. ソーシャルデータサイエンスの視点から見たわが国の Covid-19 への政策対応について
和田 一郎
2. 簡単な統計数理モデルによる新型コロナウイルス感染症流行の予測と社会的制御
土谷 隆
3. K 値を用いた COVID-19 の感染状況のマクロ解析
中野 貴志
4. 「データ解析シンポジウム~新型コロナウイルスに関して~」 パネルディスカッション
生田目 崇
原著論文
1. ブログサービスにおける初期の閲覧行動による新規読者定着評価
西條 直哉,大竹 恒平,生田目 崇
2. Simulation of Severity of Diabetic Nephropathy Using a Markov Chain
Tatsuo YANAGAWA, Keiko KOYANO, Shuhei IIDA, Tokimune KOU, Hajime OKUNO and Naokazu YAMAKI
奥付


Vol. 4, No. 1 (2020.3)
表紙
目次

巻頭言
巻頭言―データサイエンス教育の現場
生田目 崇

特集 データサイエンス教育の現場
1. ぐんま数理データサイエンス教育プログラム
高橋 啓
2. 文系学部におけるデータサイエンス ―データリテラシーの向上を目指して―
横山 暁
3. 社会調査・分析を中心とした女性データサイエンス教育の展開
竹内 光悦
原著論文
1. ナース・スケジューリングにおける現場の課題と勤務表改善アルゴリズム
伊藤 賢,八卷 直一,炭谷 正太郎
2. Proposal of Loyal Customer Discriminant Model Based on RFM Concept —Empirical Analysis using Golf EC Site Data—
Hiroyuki OIKAWA, Kohei OTAKE, Takashi NAMATAME
奥付


Vol. 3, No. 1 (2019.3)
表紙
目次

巻頭言
巻頭言―データサイエンスを担う人材を育成する
生田目 崇

特集 データサイエンスを担う人材を育成する
1. データソン:統計数理研究所におけるデータ分析ハッカソン
神谷 直樹,宮園 法明
2.データサイエンティストの採用・育成におけるハッカソンの活用
橋本 武彦
3. データサイエンス技術者育成の取組み
水野 信也
4. データサイエンティストが実務を通して経験すべきこと
岩永 二郎
5. 日米データサイエンティスト教育の違い
佐藤 貴海
原著論文
1. Evaluation of the Medical Service Environment for a Second Medical Area Using Data Envelopment Analysis
Shinya MIZUNO, Haruka OHBA, Atsuo KAKEHI, Yoshikazu FUJISAWA
2. SNS広告オークションにおける入札分析
白石 諒,大竹 恒平,生田目 崇
奥付


 

Vol. 2, No. 1 (2018.3)

表紙
目次

巻頭言
巻頭言―知的サービスへ
生田目 崇

特集 データサイエンスの現在と将来
1. 対談:機械学習の変遷と今後の展望
櫻井 彰人,大竹 恒平
2.ウエアラブル・コンピュータ
岡 誠
3. 機械学習と統計モデリングを組み合わせた手法によるアスパラガスの収穫量推定
奥野 源,新谷 俊了
原著論文
1. 顧客のライフスタイルを考慮したECサイトにおけるリピート購買分析
深野 剛正,和田 昌樹,大竹 恒平,生田目 崇
2. 航空機のSide Slipが運航に及ぼす影響
水野 信也,大場 春佳,伊藤 貢司
3. Twitter上のバースト現象とコンテンツとの関係分析―テレビドラマを例として―
佐藤 由将,大竹 恒平,生田目 崇
研究部会活動紹介
1. データサイエンス分野における人材育成のあり方〜オープンデータ活用研究部会の活動を通して〜
水野 信也
奥付


Vol. 1, No. 1 (2017.3)

表紙
目次
巻頭言
巻頭言―ビッグデータ時代へ
八卷 直一
特集 データサイエンスの現在と将来
1.我が国の未来を担うデータサイエンティストの育成―政策の動向と滋賀大学の挑戦―
須江 雅彦
2.ビジネス・アナリティクスの現状と将来
中川 慶一郎,生田目 崇
3.ビッグデータからの情報抽出とその応用
中原 孝信,羽室 行信
4.大規模火山噴火に備える
井村 隆介
原著論文
1.オープンソース・ソフトウェア製品の運用モデルおよび最適化に関する考察
桑田 喜隆,石坂 徹,横山 重俊,合田 憲人
2.医療機関選択に対するベイジアンネットワークを用いた患者意識の分析
水野 信也,浦松 雅史,岩崎 邦彦,藤澤 由和
3.消費者の購買行動に対するディープラーニングの適用可能性の検討
若林 憲人,生田目 崇
4.ECサイトにおけるソーシャルログイン会員のサイト内行動分析―ゴルフ用品 ECサイトを対象とした会員の特徴と購買行動分析―
大竹 恒平,橋本 鴻,生田目 崇

研究部会活動紹介
1.教育部会の活動について
中野 光義
2.オープンデータ活用研究部会の活動について
水野 信也
3.人工知能研究部会の活動について
桑田 喜隆
4.データ解析部会の活動について
稗田 隆
5.情報セキュリティ研究部会の活動について
森 邦彦
奥付